無添加とオーガニック

 UPDATE

サンデシカの商品の中には無添加生地を使用しているもの、オーガニック生地を使用しているものもございます。
『優しい』という似たような印象を持つ2つの生地ですが、無添加生地とオーガニック生地についてご説明します。

無添加生地

製造の工程内で化学薬品(柔軟剤・蛍光剤・増白剤・防縮剤など)を使用していない生地のこと。
サンデシカで取り扱う無添加生地の中には、薬品を使った脱色を行っておらず、やさしい生成り(ほんの少し黄色がかった白色)で生地の中に綿カスがあるものがあります。

左:プリントなし 右:プリントあり

無添加生地を使用したおすすめ商品はこちらから

オーガニック生地

3年以上農薬や化学肥料を使わないで栽培された農地で育てられた綿花を使用して、栽培する人たちの安全や児童労働といった働く人の環境を守って製造された綿を使用した生地のこと。
サンデシカで取り扱うオーガニック生地の中には、薬品を使った脱色を行っておらず、やさしい生成り(ほんの少し黄色がかった白色)で生地の中に綿カスがあるものがあります。(※商品によっては脱色して全面にプリントしている生地もあります)
オーガニック生地は環境や栽培する人たちも配慮して作られているため、お値段は多少高くなる傾向にありますが赤ちゃんの未来にも優しい生地と言えます。

左:プリントなし 右:プリントあり

オーガニック生地を使用したおすすめ商品はこちらから

薬品を使用した脱色を行っていない生地に共通する注意事項

綿カス

薬品を使用した脱色を行っていないことにより、生地の中に綿カスと呼ばれる黒や焦げ茶の小さなつぶつぶが残っている場合があります。
これは無害なもので次第に目立たなくなっていきますのでご安心してお使い頂けます。

大きいものでも1mmほどです

におい

漂白などを行っていないため、綿本来の特有なにおいが残っている場合があります。
湿度が高いと感じやすく、逆に低いと感じにくい傾向にあります。お洗濯を繰り返すことで次第に薄れていきます。

退色

光(自然・人工ともに)によって白く退色していきます。蛍光増白剤の入った洗剤の使用は退色を早めるだけでなく青白く染まってしまう可能性がありますのでご使用はお避けください。

左:新品 右:1年以上展示していたもの

薬品を使用した脱色を行っておらず、さらにプリント加工も施されていないものは化学薬品による肌荒れのリスクが低く、敏感な肌の赤ちゃんにも優しいためおすすめです。

お客さまから、『赤ちゃんが使うものだから優しいものを選びたい』というお声を聞くことが度々あります。無添加生地もオーガニック生地も脱色を行っていない生地も、それぞれ、優しさがたっぷり含まれた素敵な生地です。